繁忙期に「やるべきこと」とは? H28.2|武蔵浦和の賃貸のことなら別所不動産

<<トップページへ戻る

ワンポイント税務

<<オーナー座談会一覧へ戻る
  • 繁忙期に「やるべきこと」とは? H28.2

        

    司会 繁忙期ですね。この時期の対処法に ついて実施していることをお話ください。 A 僕たちオーナーと管理会社さんが協力 することで、この期間内に何とか満室にし たいですよね。基本的な空室対策を、お復 習い(さらい)しておきましょう。 Y まず物件に競争力が必要です。

      司会繁忙期ですね。この時期の対処法に ついて実施していることをお話ください。

     

    A 僕たちオーナーと管理会社さんが協力 することで、この期間内に何とか満室にし たいですよね。基本的な空室対策を、お復 習い(さらい)しておきましょう。

    Y まず物件に競争力が必要です。といっ てもライバルに対して「圧倒的な差」をつ けるようなものでなくても良いのですが。

     

    D そうですね。費用をかけすぎても収支 が合わないですから、「ちょっとした特徴 を持たせる」ということでしょうか。

     

    T その通りだと思います。僕のマンショ ンは1Kですが、いま 3 戸が空室なので、 この期間に埋めたいと思っています。仮に、 この時期 100 戸の1Kが募集中なら、そこ に 70 ~ 80 人のお客様が来て部屋を決め て、20 ~ 30 戸の空室が残るワケです。繁 忙期といっても全ての空室が埋まるのでは ありませんから、ここで選ばれる「何か」 がないといけないと考えています。

     

    司会 その「何か」とはどんなものですか?

     

    T 立地や、外観や、設備や、間取りなど、 物件によって違うのですが、何か他の部屋 に「勝てる部分」ですよね。玄関を入った らパッと目につくクロスが貼ってあった り、姿見用の鏡が設置されているとか。

     

    D キッチンやユニットバスにカラーシー トを貼るだけでも「ちょっとの違い」が演 出できます。お客様が見たときに「わぁー」 と言ってもらえるような「何か」ですね。

     

    A お金をかけないなら家賃を相場より 5 %くらい下げるとか、フリーレント等のサ ービスだって「何か」のひとつになると思 います。それらが競争力につながりますね。

     

    司会 なるほど。ちょっとした「競争でき る部分」を持つことが基本ですね。つぎは、多くの物件の中から部屋を見てくれたお客 様に、何かアピールする必要があります。

     

    T 「内見していただいて有り難うござい ます」というお礼と感謝のメッセージを書 いて掲示してもらっています。

     

    A 僕は、気持ちよく部屋を見ていただく のが大切だと思います。部屋は人が暮らし ていないと、すぐに「埃っぽい」というか、 不快な空気が充満してしまうので、空気の 入れ換えが必要です。物件は自宅に近いの で天気の良い土日は、窓を開け放したりし ています。

     

    Y まじめな大家さ んですね(笑)。 管理会社に任せれば いいのでは?

     

    A もちろんお願い していますが、そう 頻繁には来られませ んから、僕ができる時は窓を開けています。

     

    D 部屋を見ていただいたとき、何もない 殺風景な部屋より生活感の感じられる部屋 の方が良いに決まっているので、玄関マッ トや照明器具やカーテンなどを取り付ける ようにしています。気に入ったなら、その まま使ってもらってもいいですし。

     

    司会 結構手間をかけているのですね。

     

    T それはそうですね。「他の部屋に差を 付ける」といっても、予算の都合もあるの で「ちょっとした」違いしか演出できませ んから「見せ方」が勝負になります。そし て 100 戸の空室に 70 ~ 80 人のお客様しか いないなら、アピールできることは何でも しないといけませんよね。そこは必死です。

     

    司会すでに繁忙期の真っ最中です。皆さ ん、基本的な空室対策で、ぜひ良い結果を 残してください。
     

ページ上部へ