業界ニュース | さいたま市の賃貸は株式会社 別所不動産にお任せ下さい!

『さいたま市 最大級!』
別所不動産は、皆さまの信頼と安心を大切に
【管理物件2500室以上】【駐車場4500台以上】の管理をしています。
お気軽にお問い合わせご相談ください。048-861-3333

9:00~18:00 定休日:毎週火曜日、水曜日

業界ニュース

  • 台風15 号19 号は日本各地に大きな災害をもたらしました。被害に遭ったアパ ート・賃貸マンションも少なくありません。今回は台風被害の後の対応や貸主責 任についてレポートいたします。

  • 7 月1 日から、生活保護の住宅扶助が見直されて支給額が減額されています。

  • 「借主は、月収に占める家賃割合をどのように考えているのか?」

    賃貸住宅のオーナーなら興味のある話題ですが、そのアンケート結果が発表されています。

  • 全国に増加している空き家を活用して家賃を抑えた住宅を供給できないか、という目的で、厚労省が「高齢者ハウス(仮称)」の検討を始めました。
    低所得の高齢者も入居できるように、既存賃貸住宅の空室活用や老朽化したアパートを高齢者向けに改修することなどを想定しているようです。

  • 賃貸物件の築年数が古く耐震性の強度不足が判明したとき、耐震改修をしなければ入居者に危険が伴う、ということがあります。

    しかし「改修費用がかかり過ぎて、費用対効果が得られない」ときは「取り壊し」のため借主に退去をお願いすることになるでしょう。

    そのときオーナーの前には借家法の「正当事由」制度が大きく立ちはだかることになります。

  • 賃貸物件の築年数が古く耐震性の強度不足が判明したとき、耐震改修をしなければ入居者に危険が伴う、ということがあります。
    しかし「改修費用がかかり過ぎて、費用対効果が得られない」ときは「取り壊し」のため借主に退去をお願いすることになるでしょう。
    そのときオーナーの前には借家法の「正当事由」が大きく立ちはだかることになります。

  • 株式会社リクルート(東京都千代田)によるアンケート結果です。

    退去者の理由はとしては「就職・転職・転勤や結婚・出産などの家族構成の変化」などのやむを得ない事情が思い浮かびますが、この理由だとオーナーや管理会社には退去を止めることはできません。