「修繕計画」|武蔵浦和の賃貸のことなら別所不動産

<<トップページへ戻る

賃貸経営に必要な"ことば"

<<賃貸経営に必要な”ことば”一覧へ戻る
  • 「修繕計画」

        

    区分所有マンションの「修繕計画」にいつて。


    ほとんどの区分所有マンションには「修繕計画」があります。

     

      建物や設備は完成と同時に劣化が始まり、長い年月の間に「必ず修繕が必要」になるからです。

    そこで、修繕を効果的に行う必要があるので「事前の計画」を立てているのです。

    しかし賃貸用建物で「修繕計画」が立てられている例は多くはありません。

     

      オーナーは「自分が住むわけではない」というのが一番の理由でしょう。それと賃貸経営は商売なので、収入を増やして支出を減らすことが命題となりますから、「なるべくお金はかけたくない」という意識が働くのでしょう。

     

    でも、だからこそ「修繕計画」が必要です。

     

      余分で高コストな修繕工事を避けて、必要なときに必要な工事のみを効果的に行うのが「賃貸建物の修繕」なのです。

    修繕の必要がない建物は「ない」のですから。

     

ページ上部へ